SALES LABORATORY 営業ラボ

一括代行と部分代行とは?営業のアウトソーシングで重要な依頼範囲

前回「営業アウトソーシングって、なに?」では、営業代行と営業アウトソーシングに大きな違いがあることをお話ししました。
言葉では同じように聞こえても、それぞれの導入のメリット・デメリットや、提供内容に関しては、大きな差があることを理解していただけたのではないでしょうか。
今回は、営業アウトソーシングを導入する際の「依頼範囲」に関して解説します。
営業アウトソーシングを検討する際に必ず重要になる部分ですので、是非理解しておいてくださいね。

オフィス内でのミーティングの様子

 

依頼範囲が選べる

営業アウトソーシングでは、営業プロセスのどの部分を委託するかを選択することが出来ます。
依頼範囲の形態は主に2種類あり、「一括代行」「部分代行」と呼ばれています。

 

一括代行

一括代行とは、営業プロセスの全てを委託する形態です。
アポイントメントの獲得からクロージング、契約後のアフターフォローまで、営業活動における全ての業務を依頼することが出来ます。

一括代行のイメージ画像

 

部分代行

部分代行とは、その言葉の通り、営業プロセスの一部を委託する形態です。
「アポイントメント獲得のみ」「クロージングのみ」「アフターフォローのみ」というように、依頼範囲を一部分に区切ることが出来ます。

部分代行のイメージ画像

営業アウトソーシングでは、営業プロセス全てではなく、部分的にも依頼することが出来るのです。
その為、営業アウトソーシングを謳う企業にも一括代行を得意とする企業、部分代行を得意とする企業がそれぞれ存在します。

選択肢の図

 

一括代行のメリット・デメリット

一括代行のメリットは、自社の社員を他の業務にあてられることです。
全ての営業プロセスを依頼することで、自社社員が営業以外のコア業務に注力することができ、業務効率化を図ることが出来ます。
デメリットは、専門的すぎる商品だと、稼働までにかなりの工数が必要になること
自社商品だけでなく、社内システム等の勉強会も発生する為、営業としてきちんと稼働するまでには時間が必要になるのです。

勉強会のイメージ

 

部分代行のメリット・デメリット

部分代行のメリットは、「アポイントメント獲得」「アフターフォロー」等、プロセス毎に得意としている企業にお願い出来ることです。
「初回訪問・商品説明」はアウトソーシングの人材、「クロージング」は自社の営業マンというように、業務分担を行うことが出来る為、より効率的に業務を進めることが可能になります。
デメリットは、アウトソーシング先と自社の営業部や他部署との連携をより密にとる必要があること
もちろん一括代行でも連携は必要ですが、部分代行の場合、依頼したプロセス前後の密な情報共有が必須になります。
部分的に依頼するとは言えど、しっかりとアウトソーシング先の管理も行う必要があるのです。

会議での連携のイメージ

 

自社に適した依頼範囲の決定を

どちらの形態にもメリット・デメリットは存在しますが、営業アウトソーシングを検討の際は、早めに依頼範囲を決定するといいでしょう
自社の営業が不得意としているプロセスを部分的に依頼することも可能ですし、一括代行にして、自社の1つ営業部として稼働してもらうことも可能です。
自社製品の特性や営業スタイルを考慮した上で、適切な依頼範囲を決定できるといいですね。

 


 

CONTACT お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談は、こちらよりお問い合わせください。
ご連絡お待ちしております。