SALES LABORATORY 営業ラボ

一括代行と部分代行とは

前回「営業アウトソーシングって、なに?」では、営業代行と営業アウトソーシングに大きな違いがあることをお話ししました。
それぞれのメリットや提供内容が異なることは、理解して頂けたかと思います。

ですが、まだまだアウトソーシングを選択するには検討しなければいけないことばかり!
今回は別の視点から、導入前にぜひ考えていただきたいポイントについてお話しします。

それはずばり、「どこまで依頼するか」ということ。

「営業アウトソーシング」という言葉を聞いて、「営業活動を全部委託する」とお考えの方もいるのではないでしょうか。
もちろん、アポイントメント獲得から、クロージング・アフターフォローまで、営業活動を全て受ける「一括代行」を行っている企業も存在します。

それとは別に、「一括代行」ではなく、営業活動の中の一部だけを請け負う形態があることを、皆さんはご存知でしょうか?
営業アウトソーシング・営業代行には、「一括代行」とは別に「部分代行」と呼ばれる形態があります。
この形態には、営業活動全てではなく、営業活動の中の一部分を委託することも出来るのです。

ただ一言で「部分代行」と言っても、様々な種類の部分代行が存在します。
例えば、「テレアポ代行」や「テレマ代行」。
これは文字通り、電話でのアポイントメント獲得に特化した営業アウトソーシング・営業代行の企業です。
このような企業は、依頼を請けるとアポイントメント獲得に徹します。取り付けたアポイントメントは依頼社に渡し、そのアポイントメントに合わせて依頼社の営業マンが訪問。加えてそれ以降の営業活動は全て依頼社側が行います。

このように、依頼した部分のみ代行し、その他の営業活動は依頼社側で賄うというのが「部分代行」の特徴です。
「部分代行」の企業は、その一部分に特化している為、自社の営業活動の中で苦手・不得意としている分野をお願いすることが出来ます。
テレアポ・テレマに限らず、商品案内専門の部分代行やヒアリングに特化した部分代行も、最近ではよく聞くようになってきました。
営業活動の中の様々な部分を切り取った部分代行がありますので、自社に合った部分代行の企業を探してみてください。

一括代行では、全ての業務を依頼できるので、自社の社員を他のコア業務にあてることが可能になります。営業フローが確立出来ていない場合には大変有効でしょう。
営業アウトソーシングや営業代行を依頼しようと考えている担当者の方は、自社の営業状況を考慮し、業務の「どの範囲まで」委託するかを検討してみてください。

 

自社の売り上げの拡大を行う方法は様々です。
営業アウトソーシングや営業代行を導入するのももちろん一つの手段ではありますが、今一度自社の営業部の構造を見直し、営業活動を一番効率的に回す方法を考えていきましょう。

委託を行うのであれば、営業アウトソーシングと営業代行でも異なりますし、各企業の強みも異なります。
自社の強みと、営業アウトソーシング・営業代行の強みを上手く掛け合わせるために、様々な企業に話を聞いて、比較検討することが重要です。


 

CONTACT お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談は、こちらよりお問い合わせください。
ご連絡お待ちしております。