SALES LABORATORY 営業ラボ

営業アウトソーシングの料金形態について

アウトソーシングに限らず、サービスを導入する際に一番気にかける項目は料金ではないでしょうか。

営業アウトソーシングや営業代行のような業態には、様々な料金形態が存在します。

今回は、皆さまが気にしているであろう、導入後の費用感に関してお話ししたいと思います。

 

 

この業態の料金形態は、大きく2つに分けることができます。それは「固定報酬型」と「成果報酬型」です。

 

「固定報酬型」はその名の通り、月額が一定の料金形態です。契約の時点で毎月の支払い額が決定します。

 

それに対し「成果報酬型」は、毎月の成績によって月額が変動します。1件に対しての金額が指定されており、【実際の件数×1件当たりの金額】という計算式でその月の支払い額が決まるのです。

 

ただ一言で「成果報酬」と言っても、何を「成果」と定めるかは各企業によって異なります。

例えば、前回例に挙げた「テレマ代行」の企業であれば「コール件数」や「アポイントメント獲得の件数」が成果として挙げられます。

依頼範囲によっても異なりますが、他には「訪問数」や「商談数」、「クロージング数」を成果として設定しているところもあるようです。

 

 

この成果報酬型は、短期的な依頼の場合に有効だと言えるでしょう。

成果報酬型は、先程述べたように月々の支払い額が異なります。「成果」が出なければもちろん費用は発生しませんが、金額が決まっていない以上、長期的な契約はコストの確保が難しくなってしまいます。

その為、定められた期間内に必要な数字が決まっている場合は、「営業のプロ」の力を借り、数字を獲得してもらうというのもいいかもしれません。短期的な結果を求めている方や、スポットでの導入を考えている方には、成果報酬型がオススメです。

 

対して、長期的な依頼の場合に有効なのは、固定報酬型でしょう。

固定報酬型は毎月一定のコストで依頼することが出来ます。「今」に絞って数字を求めるのではなく、営業の課題解決や業務の見直しを行いたいというのであれば、固定報酬型がオススメです。長期に渡る契約を考えている方や、パートナーとしてのサポートを求めている企業は、成果報酬型より固定報酬型が適していると言えるでしょう。

 

 

何を求めるかによって、自社にマッチする企業は異なりますが、コスト面は導入する際に必ず検討する項目です。

今では格安で依頼できる企業もみられ、低予算で考えている方にも導入しやすくなりました。

 

ただ、注意してほしいのは、まれに質の悪い企業が存在するという事。

特に成果報酬型の企業には、「目先の成果」を求めるがゆえ、数字に強く注力し、その質や継続性を軽視する企業も存在します。

低価格を重視して導入し、依頼に対して質の悪い成果をあげられるのは本末転倒ですよね。

 

 

営業アウトソーシングを依頼するということは、期間が短くとも長くとも、自社の業務を託すビジネスパートナーになるということです。

コストももちろん重要な要素ではありますが、費用の高さ・安さではなく、共にビジネスを行う上で信頼できるパートナーを探しましょう。


 

CONTACT お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談は、こちらよりお問い合わせください。
ご連絡お待ちしております。