SALES LABORATORY 営業ラボ

「目的」と「目標」の違い、きちんと理解していますか?意外と知らない使い分け

日々業務を行っていく中で、「目標」という言葉はつきものではないでしょうか。
営業においても、適切な目標を設定することはもちろん重要。目標を掲げることよってメンバーの目的意識を高くしたり、働く意欲を高めたりすることができます。
今日は、その「目標」の重要性について、改めて考えていきたいと思います。

右肩上がりのグラフの図

 

「目標」と「目的」の違い、ちゃんと説明できますか?

そもそも、「目標」と「目的」の違いはご存知でしょうか。
「目標」と「目的」のそれぞれの言葉の意味や、この2つの違いについて、意外と理解していない人が多いのが現状です。
ここで再度、それぞれの違いを確認してみましょう。

目的=ゴール


目的とは、その字にも使われているように「目」で見える「的」のこと。
「的」という言葉を使用するだけあって、「目的」は最終的に到達したい部分のことを指します。

目標=目的までの指標


目標とは、「目」で見える「標」。
要するに、「目」で見た時に、その「的」に近づいているかの「標」となるのが「目標」です。目的という最終的なゴールに向けて、その間に設定される小さな指標のことを指します。

要するに、「目的」というゴールがあり、それに到達するまでの過程に立てられるものが「目標」。その為、目的は長期的なもの、目標は短期的なものに設定されます。

目的と目標のイメージ図

例えば、「痩せる」ことを目的に設定したとしましょう。
この場合の目標には、「痩せる」を実現するまでの過程に、何をするかが設定されます。
となると、「食べる量を今より20%少なくする」「週に2日、1時間は運動をする」というような項目があげられますよね。
この「痩せる」という目的は、長期的で抽象的なものに対して、その過程に立てられる目標(ここでは「食べる量を減らすこと」「運動をすること」)は、短期的且つ具体的。
この2つの差が、「目標」と「目的」の違いです。

では、なぜ最終的なゴールである「目的」ではなく、その過程である「目標」を設定することが重要なのでしょうか。

 

どうして業務では「目標」が重要なの?

それは、目標が無い場合に何が起こるかを考えてみると分かりやすいと思います。
目標が無いということは、具体的に何を実行すればいいかが決まっていないということ。
「何をどうすればいいのか」が明確でなく、目的までの具体的な行動設定が出来ません。また、目標という一定の基準が無いために、現状の改善も出来なくなってしまいます。

体重計とメジャーの画像

「痩せる」という目的があるのに、具体的な行動を設定しなければ、現状はなにも変化しません。
ですが、その目的に対して「食べる量を今より20%少なくする」や「週に2日、1時間は運動をする」という目標があれば、実際に行動に移すことができますよね。
また、「食べる量を今より20%少なくする」という目標を達成し、実際にそこまで結果が出なければ、次は「週に2日、1時間は運動をする」という新しい目標を立て、実行し効果を計るという改善も出来ます。

 

目標があることでサイクルが作られる

このように、目標を達成することは、その人を少しずつ目的に近づけます。
また、もし1つを成し遂げ結果が出なくても、改善し次に繋げることもできます。
目標の設定とその達成・改善は、目的の実現のために少しずつ良い方向へと導いてくれるのです。

目標とは、人が1つ成長する為に必要な指標になります。
もちろん、その目標は高すぎてもいけません。努力によって達成できる項目を設定することを心がけましょう。
まずはしっかりと目的を理解し、そこから適切な目標を立てることを意識してみてください。適切な目標設定が、その上位概念である「目的」への到達を少しでも早くするでしょう。

 

関連記事:
目標設定の仕方で現場の動きは変わる?現場マネジメントの秘訣
大切なのは、出来る人を増やすより出来ない人を減らすこと!営業人材育成のポイント
「営業戦略」と「営業戦術」の違いって?定義と策定のポイント

 


 

CONTACT お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談は、こちらよりお問い合わせください。
ご連絡お待ちしております。